《2022/06/13》RW4Aトリックなど更新

イーライ・ホップ(イーライズ・ホップ) – Eli Hop (Eli’s Hop)

全トリック1A(ストリングトリック)
スタイル固有タグ:

1Aにおけるダイナミックなトリックといえばこちら。バリエーションも多く、現代ではもはや重要な基礎として位置づいています。

端的にいえば「ヨーヨーを上空へ飛ばす」トリック。上空へ飛ばす際には手とストリングの細かな操作が要求されるので、闇雲に真似をしても習得は困難です。ヨーヨーを真上に跳ね上げると同時に両手の間隔を狭めることで、ストリングの全長分まで飛ばすことが可能になります。

そして飛び上がりきる直前から、手の間隔を元に戻し始めます。着地するタイミングで元の間隔に戻ってマウントできれば完璧です。

解説動画を参考に、手の位置に注意し、正面で横に手を引くのではなく、正面で縦に手を引くのもポイント。正面で手を横に引く形だと、ヨーヨーが前後にフラフラと飛んでしまい、ストリングと軸がズレてマウントできません。

指でストリングとの摩擦を感じよう

上空から戻す際は人差し指でストリングとの摩擦を感じるのが大事。しっかり人差し指でストリングの上をスベらせましょう。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

1分の短いバージョン。時間がない方はこちら!
5分のたっぷりバージョン。時間がある方はこちら!

成功基準

  • 3回以上
  • ストリング全長の半分以上飛ばす

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

派生

とてもシンプルな構造がゆえに、ありとあらゆるストリングトリックとつながるだけでなく、飛ばす方向を変える、外側に乗せる、逆手、水平、体のどこかを通す、別のマウントへ切り替えるなど、応用は無限大です。最近は3Aで両手でのバリエーションが飛び交っています。

  • ブーメラン
  • ボトム・マウント・ホップ
  • アウトサイド・イーライ・ホップ
  • インアウト・イーライ・ホップ
  • イーライ・ホップ・ファウンテン
  • ショルダー・イーライ・ホップ

豆知識

もともとはイーライさんという方が考えたトリックらしく、その方の名前から『Eli’s Hop』と呼ばれています。日本語では『イーライズ』だったり『イーライ』だったと曖昧。当サイトでは所有格[‘s]を省くため、基本的に割愛しイーライ・ホップと表記しています。

ハイパーヨーヨー第3期では『ザ・ホップ』という名前でハイパーレベル2ndに登場しました。

ルーピングでも同音異義語のホップが存在し、こちらはホップ・ザ・フェンスの略となっています。それとの混同を避けるために、イーライ・ホップを『イーライ』と略すこともあります。

1A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人

2009年ヨーヨー世界チャンピオン。
スタッフの中で最年少ながらも物怖じしない性格と、持ち前のガッツでがんばるリワインドのフロントマン。よく寝てよく食べる。2008・2009年ニューヨーク国際オープン1A部門優勝。2009年世界大会1A部門優勝。現在C3yoyodesignに所属し、シグネチャーモデル『クラウン』『クラウン.st』『クラウンTi』『ルーク』発売中。

城戸慎也(キドシンヤ)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました