《2024/05/12》リンク切れページ修正中

パンチング・バッグ(リバース・ループ)- Punching Bag

全トリック2A(ルーピングトリック)
スタイル固有タグ:

ホップ・ザ・フェンスを前方に向けて行うトリックです。(通称:パンチ)

腕の角度返すタイミングが重要です。ヨーヨーは限界まで手に近づけてから、前方に押し出します。

インサイド・ループがルーピングの最初の難関だとすると、パンチはその次に待ち構えている難関と言えるんじゃないでしょうか。トライしてすぐできるトリックではないので根気よく続けることが大事ですし、インサイド・ループ同様、大切なのは諦めない心適切な道具です。

成功基準

  • 1回以上
  • その後5回以上に挑戦
  • トリックリストや検定によって回数が変動

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

導入の投げ方

パンチへの導入となる投げ方は複数あります。スローダウンから直接パンチの角度に入る方法。フォワード・パスプラネット・ホップから入る方法。ファウンテンからパンチの角度に移る方法。どれでも好きな方法で練習してOKですが、前者2パターンは難易度が高めです。いずれの方法でも、腕が伸びるとパンチ軌道になりません。腕を直角に曲げることで、パンチ軌道にしやすくなります。

導入の投げ方

REWIND VLOGでパンチング・バッグのコツを紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。

肘をしっかり曲げて角度をつけるというのが大きなポイントです。

派生

豆知識

ハイパーヨーヨーでは第一期THPジャパン プロスピナーレベルのダブルハンド部門で登場しました。(その時は、片手でパンチング・バッグ、反対の手でインサイド・ループをするというもの)

2A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人
荒牧淳(アル)

1997年にヨーヨーを始め、1998年の第3回ジャパンチャンピオンシップ・チームプレイ部門で全国優勝を果たす。個人では3Aをメインスタイルとし、2001年世界大会でツーハンドトラピーズを世界で初めてステージ上で成功させ3位入賞。2003年世界大会では準優勝に輝いてる。2016年からはリワインド渋谷店スタッフとして店頭に立っている。

荒牧淳(アル)をフォローする
タイトルとURLをコピーしました