《2022/07/19》RW2A~5Aトリック大幅更新

プラネット・ホップ(オーバー・ザ・フェンス)- Planet Hop

全トリック基本トリック2A(ルーピングトリック)
スタイル固有タグ:

スリープ方向を反対方向に切り返し続ける、アーチ系(シュート系)ルーピングトリックです。その名の通り、弧を描くような軌道のトリックとなっています。

インサイド・ループホップ・ザ・フェンスと異なり、常にヨリが一定で変わりません。

アーチ系はルーピングトリックでありながら、ストリングトリック向けとされるウイングシェイプのヨーヨーの方がやりやすいという特徴も。ルーピングヨーヨーで苦戦したら、ワンスターサクラストリームといったヨーヨーでトライしてみましょう。

成功基準

  • 1回以上
  • その後3回5回10回以上連続に挑戦
  • トリックリストや検定によって回数が変動

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

うまく返せないときは

動きがうまく連動できないと、返すタイミングがわからずヨーヨーの軌道が乱れがち。ヨーヨーが戻ってきてから返すのではなく、戻しながら返すくらいの気持ちで構えておきましょう。

力は入らないトリックなので、リラックスして、肩から力を抜いてください。力が入ってガチガチになれば、軌道もガチガチになります。

何度もリピートするトリックですので、手の動かし方、手を動かす位置、力加減、ヨーヨーがどの軌道を通るかは常に一定にします。一度でもうまく返せたとき、自分の手はどうだったか、ヨーヨーはどうだったかを意識して、少しずつ体に染み込ませていきましょう。

ループやホップと同様に、手前に返したとき、奥へ返したとき、それぞれの着地地点が毎回一定になると、より安定します。強く投げると返す力も強くしなければならず、思い通りのポイントに返せないので、できるだけ弱めに投げるのもコツ。

派生

豆知識

ハイパーヨーヨー展開時にはオーバー・ザ・フェンスという名前で知られていましたが、ちょっと見た目も近いし名前も似ているホップ・ザ・フェンスと非常に紛らわしく混同されがち。筆者は幼少期の頃たまに間違えていました。

初心者向けおすすめヨーヨーなど

2A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人

2009年ヨーヨー世界チャンピオン。
スタッフの中で最年少ながらも物怖じしない性格と、持ち前のガッツでがんばるリワインドのフロントマン。よく寝てよく食べる。2008・2009年ニューヨーク国際オープン1A部門優勝。2009年世界大会1A部門優勝。現在C3yoyodesignに所属し、シグネチャーモデル『クラウン』『クラウン.st』『クラウンTi』『ルーク』発売中。

城戸慎也(キドシンヤ)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました