《2022/06/13》RW4Aトリックなど更新

ノーツイスト・リリース – No Twist Release

全トリック2A(ルーピングトリック)
スタイル固有タグ:

高見祐希選手考案の、ショルダー・ラップ・ツイストの応用技です。

まずは利き手の動きを覚えましょう。
アラウンド・ザ・ワールドをして、1周したらタイム・ワープのように切り返します。利き手とは反対側の体の横をヨーヨーが通るようにしつつ背面へと持っていき、そのまま腕にストリングをかけます。(力こぶを作るように腕を曲げないとできないので注意!)
腕にかけたら、ヨーヨーを肩の上を通すよう1周させ、その流れで体の正面に持って行きもう1周させます。再び腕を外側へ振って背面で1周してからキャッチします。

両手でやる時は、利き手でアラウンド反対の手でループを同時にスタート。次に利き手でタイム・ワープ、ループはそのまま続行します。利き手のストリングを肩にかけてヨーヨーを背中→正面→背中へと振ります。正面から背中へ行くタイミングで、反対の手でワープ・ドライブに移ります。
利き手は背面、反対の手は正面で、それぞれアラウンド1周をしてキャッチ。

成功基準

  • 正確にヨーヨーを動かす

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

利き腕は肩に置いておく感覚

タイム・ワープで切り返したあと、返した延長線上に利き手の肘が来るようにします。ヨーヨーと腕は同時に合流するものの、感覚としては腕を先に押しておくイメージです。

両手で合わせる時のタイミング

利き手で回す過程でいう「外側(背中)→正面→外側(背中)」の正面から外側へ向ける時に、利き手でない方の手でワープ・ドライブを行います。

豆知識

高見祐希選手が考案したトリックで、彼のシグネチャーバージョンのループアップにもこのトリックをしている様子が描かれています。

2A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人
荒牧淳(アル)

1997年にヨーヨーを始め、1998年の第3回ジャパンチャンピオンシップ・チームプレイ部門で全国優勝を果たす。個人では3Aをメインスタイルとし、2001年世界大会でツーハンドトラピーズを世界で初めてステージ上で成功させ3位入賞。2003年世界大会では準優勝に輝いてる。2016年からはリワインド渋谷店スタッフとして店頭に立っている。

荒牧淳(アル)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました