《2022/06/13》RW4Aトリックなど更新

リフトアップ・ダブル・オン・マウント – Lift-up Double on Mount

全トリック
スタイル固有タグ:

ボトム・マウントの力でウエイトを引き上げさせて、一度の動作で2重乗せの状態を作るトリックです。

ウエイトを離すタイミングは、ボトム・マウントをして、ヨーヨーがストリングに触れると同時。この時ウエイトは下へ離します。前方へ離すとウエイトが暴れてしまい、マウントできず外れてしまいやすくなります。

ウエイトにちゃんと勢いがつかない場合、ウエイトを離すタイミングが遅すぎます。もっと早めにリリースしてみてください。

意外とウエイトが高速で戻ってくる上に、巻きつけた後はかなりストリングが短くなるため、ウエイトをキャッチする際は、利き手は思い切って反対の手のそばまで近づけましょう。

成功基準

  • 確実にマウントする

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

派生

5Aピンホイール(ビッグ・リバース・360)との相性が良く、リフトアップ・ダブル・オン・マウントからそのままコンボとしてつなげられます。

豆知識

このトリックは、カウンターウエイトならではの特別な技術がなくても、初級者レベルの1Aの技術があり、ウエイトの持ち方さえ理解していれば、カウンターウエイトにおけるウエイトとの重量バランスによってトリックができるという仕組みそのものを、手軽かつ360(スリーシックスティ)等よりも強く味わえるトリックでもあります。

そのため、カウンターウエイトをまったくやったことがなく、しかし1Aはできるという方に「ボトム・マウントと同時にウエイトを離してご覧」と言ってやってもらうと「なるほど、カウンターウエイトはこういう原理の積み重ねなんだな」と理解してもらいやすい…のではないかなと思います。城戸の想像です。

◆この記事を書いた人

2009年ヨーヨー世界チャンピオン。
スタッフの中で最年少ながらも物怖じしない性格と、持ち前のガッツでがんばるリワインドのフロントマン。よく寝てよく食べる。2008・2009年ニューヨーク国際オープン1A部門優勝。2009年世界大会1A部門優勝。現在C3yoyodesignに所属し、シグネチャーモデル『クラウン』『クラウン.st』『クラウンTi』『ルーク』発売中。

城戸慎也(キドシンヤ)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました