《2023/02/02》RWリストのレベル0に説明を追記 ほか

ブレイクアウェイ – Breakaway

全トリック基本トリック2A(ルーピングトリック)
スタイル固有タグ:

ヨーヨーを横に投げる基本トリックです。派生するトリックの多さでいえば、スリーパーの次に多いかと思います。基本の中でも、とびきり重要なトリックですね。

慣れないうちは、ある意味ちょっと妙な方向にヨーヨーを投げるので、スリーパーやアラウンドがまっすぐにできる人でも、ブレイクアウェイではめっちゃ傾く…なんてこともざら。

前提トリック

成功基準

  • 肩の上まで回してからキャッチ

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

斜めになってしまうときは

とにかくまっすぐ投げられない場合、このトリックはスリーパーの延長であることを意識しましょう。

動画にて、まずスリーパーの構えをしてから体の向きを変えるよう指示していますが、これは投げ方自体もスリーパーだということ。腕を見ていれば、ヨーヨーが斜めになったときは、必ず腕や手も斜めになってしまっているはずです。

改めて自分の腕の振り方がスリーパーと同じにできているかを確認し、まっすぐになってから、遠心力を使って肩の上まで回すよう練習しましょう。

キャッチができないときは

ヨーヨーはストリングを伝って返ってきます。フォワード・パスやアラウンドと同じく、ブレイクアウェイもヨーヨーを待つことが大事です。

手はおヘソの前くらいで、手のひらを上に向けて、その位置で止めておきます。

そして常にヨーヨーから目を離さず、キャッチの瞬間までじっと見ていてください。

減速するタイミングは、ヨーヨーが足の前を通過するあたり。肩の上まで来てから減速するのでは遅いので、早め早めのブレーキが肝心です。

代表的な派生

大雑把に言ってしまうと、体の横に投げるトリックはすべてブレイクアウェイの派生です。今回はその中でも代表的なものをピックアップします。

勢いの制御

アラウンドのページで、周回数をぴったりで固定すると難しくなるという話をしましたが、ブレイクアウェイは標準でその勢いを止める技術が問われます。

この技術はアラウンドでも応用が利きますので、アラウンドでぴったりで止めるのが苦手な方は、ブレイクアウェイの感覚を思い出すようにするといいかなと思います。

初心者向けおすすめヨーヨーなど

2A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人

2009年ヨーヨー世界チャンピオン。
スタッフの中で最年少ながらも物怖じしない性格と、持ち前のガッツでがんばるリワインドのフロントマン。よく寝てよく食べる。2008・2009年ニューヨーク国際オープン1A部門優勝。2009年世界大会1A部門優勝。現在C3yoyodesignに所属し、シグネチャーモデル『クラウン』『クラウン.st』『クラウンTi』『ルーク』発売中。

城戸慎也(キドシンヤ)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました