《2022/11/10》RW1A~5A一部動画更新ほか

ワインダー&バインド – Winder & Bind

全トリック1A(ストリングトリック)
スタイル固有タグ:

バインドセッティングのヨーヨーで、手早くストリングを巻き戻すワインダーを行う方法です。

通常のワインダーと同じく、利き手でない方の手でヨーヨーをなでるように弾いて回転させます。

ブレインツイスター・マウントかボトム・マウントをして、利き手をヨーヨーに近づけます。この時、両手とヨーヨーが地面と垂直(縦に一直線)に並ぶようにします。

人差し指にかけていたストリングを、その人差し指と親指でつまみ、利き手をまっすぐ引き上げます(トラピーズ・ワインダーの要領)。ヨーヨーが確実に巻き上がり始めてからすぐ、つまんでいる指を離すと、続けてヨーヨーが巻き上がってくるので、キャッチします。

ヨーヨーが巻き上がってきたとき、指を離しながら一気に頭の上まで手を引き上げると、ヨーヨーに勢いがついて巻き戻りやすくなります。

成功基準

  • 手元まで巻き戻す

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

  • ブレインツイスター・マウント
    • ボトム・マウントができていると、なお良い

「傾き直し」で長くスリープさせよう

解説動画にある通り、ストリングの上で5秒以上確実にスリープをキープできるかが、ワインダーをするための重要なポイント。手で弾いたときの回転力よりも、ゆるいスリープをキープする力と、ゆるいスリープでも確実に巻き上げる丁寧さを磨きましょう。

傾き直し(チルト・コレクション)のページも参照。

「ついで練」がおすすめ

通常のワインダーと同様に、このワインダーも、他のトリックの練習のついでに練習することをおすすめします。

新しいストリングトリックを練習するとき、何度か失敗をして巻き直すことがあるはずです。その時にバインド&ワインダーを1度は行うことで、両方の練習になります。1度やって失敗したら普通に手で巻きましょう。

このバインド&ワインダー自体がそれなりに難しく、しかも弾く動作は腕や肩への負担が大きいです。(ワインダーの動作を)休み休みにし、継続して練習するためにも「ついで練」をしてみてください。

派生

ワインダーのタグを参照。いずれのワインダーも、バインドヨーヨーで行うには最終的に当ページで解説したバインド&ワインダー(というよりはトラピーズ・ワインダー)で戻さなくてはいけません。

1A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人

2009年ヨーヨー世界チャンピオン。
スタッフの中で最年少ながらも物怖じしない性格と、持ち前のガッツでがんばるリワインドのフロントマン。よく寝てよく食べる。2008・2009年ニューヨーク国際オープン1A部門優勝。2009年世界大会1A部門優勝。現在C3yoyodesignに所属し、シグネチャーモデル『クラウン』『クラウン.st』『クラウンTi』『ルーク』発売中。

城戸慎也(キドシンヤ)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました