《2024/05/12》リンク切れページ修正中

ベルベット・マウント – Velvet Mount

全トリック3A(ツーハンドストリングトリック)
スタイル固有タグ:

ベルベット・ロールのマウントの状態までを行うトリックです。

3Aの代表トリックであるベルベット・ロールの導入部分。左右のヨーヨーをマウントするところまでです。縦系トリックの重要な基本のひとつで、ベルベット・ロールやその他の縦系コンボに発展できます。

左右やりやすい方からスローし、2個ともスリープします。ツーハンド・スリーパーの状態になったら、利き手でない手のストリングを小指で支えます。次に、利き手のヨーヨーに、ストリングを手前からかけます。(利き手で、ブレイン・ツイスターの最初と同じ形になります)
今度はもう片方のヨーヨーもマウントします。利き手の人差し指に、反対の手のストリングをかけます。(こちらも人差し指を手前から引っかけます)
利き手を上げて、こちらでも同様にマウントします。
先ほど乗せたヨーヨーから順に前に落とし、キャッチします。

一見複雑そうですが、手順を一つずつ分解すればカンタンです。

成功基準

  • 左右のヨーヨーを確実にマウントすること(ストリングに当たるだけはNG)

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

コツはゆっくりやること

3Aらしさのあるトリックの基本形なので、複雑なことに挑む…と気負ってしまいそうになりますが、片手ずつ見てみると意外と構造はシンプル。まずは形をしっかりと覚えて、全体的にゆっくりと行うのがコツです。特に2個目のヨーヨーを動かす時は「早く乗せなきゃ」と焦ってしまいがちですが、その部分こそゆっくりと持ち上げ、ゆっくりと乗せる、というのを意識してやってみてください。まっすぐスローできてさえいれば大丈夫、スリープは持ちます。

2つのヨーヨーが平行にならないときは

3Aを始めたばかりの頃は、左右のヨーヨーが平行にならないことが多く、いわゆる「ハの字」になってしまうと、トリックに挑戦しても上手くいきません。練習段階では、片方のヨーヨーの向きに合わせてもう片方のヨーヨーを何度も投げなおし、しっかりと平行になるようにしてからトリックに挑戦してください。平行を維持できるかどうかが大きなカギになります。

2個目のヨーヨーのマウント

2個目のヨーヨーのマウントに苦戦する時は、利き手を上げる時にエレベーターのように真上に持ち上げてからゆっくりと乗せるとやりやすいです。2個目のヨーヨーを乗せることに意識が働きがちですが、全体のストリングのラインが縦長になるように意識し、左右のヨーヨーが上下の位置に来るようにし、2個目のヨーヨーが人差し指の近くまで来てからゆっくりと手を手前に移動させながら乗せましょう。

派生

ベルベット・マウントはその名の通りベルベット・ロールの導入技なので、まずはベルベット・ロールに発展させましょう。

3A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人
荒牧淳(アル)

1997年にヨーヨーを始め、1998年の第3回ジャパンチャンピオンシップ・チームプレイ部門で全国優勝を果たす。個人では3Aをメインスタイルとし、2001年世界大会でツーハンドトラピーズを世界で初めてステージ上で成功させ3位入賞。2003年世界大会では準優勝に輝いてる。2016年からはリワインド渋谷店スタッフとして店頭に立っている。

荒牧淳(アル)をフォローする
タイトルとURLをコピーしました