《2022/07/19》RW2A~5Aトリック大幅更新

ツーハンド・スリーパー(ダブル・ロング・スリーパー)- 2H Sleeper

全トリック3A(ツーハンドストリングトリック)
スタイル固有タグ:

スリーパーを両手で行うトリックです。

3Aのトリックを行ううえで最も重要な基礎中の基礎。両手に持ったヨーヨーを同時にスローさせ、スリープ状態をキープ(まずは5秒が目安)し、バインドをして戻します。戻すときは片方ずつで構いません。投げ下ろした2個のヨーヨーの向きが平行になるようにしましょう。

バインドが難しいうちは両手とも引き戻しのヨーヨーを使い、真っすぐかつ平行にスリープさせるコツだけ掴むのも練習方法としてはありです。ただし、ツーハンド・バインドも込みで覚えたほうが良いので、最終的にはバインドのヨーヨーでスリープさせ、しっかりとバインドで戻せるようにしましょう。

成功基準

  • 正しく投げ、スリープさせる
  • 2つのヨーヨーがなるべく平行になるようにする
  • 5秒以上
  • バインドでしっかりと巻き戻す

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

斜めになってしまうときは

基本的に片手のスリーパーとコツは同じなので、こちらページの「まっすぐ投げられないときは」を参考にしてみてください。特に利き手ではないほうの手でスリーパーを行うとヨーヨーを始めたての頃のように苦戦すると思いますが、それも初心に戻って遊べると、ポジティブに楽しみましょう。

2つのヨーヨーが平行にならないときは

左右のヨーヨーそれぞれはまっすぐになのに、ヨーヨー同士が平行にならないことが多々あります。これはツーハンド・スリーパーの一番難しいポイントであり、ある程度上達しても常に平行に投げ下ろすことは容易ではありません。

バインドのコツ

スローと同じく、利き手ではないほうの手でバインドすることに最初は戸惑います。利き手ではないほうの手だけ単体でバインドの練習をし、最終的には左右どちらの手でもバインドで戻せるようにしましょう。また、2つのヨーヨーのうち、回転が弱まってきた、もしくは傾いてきたほうのヨーヨーから先にバインドするというのもポイントで、状況に応じてどちらから巻き戻すかの判断ができると良いです。

派生

3A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人
荒牧淳(アル)

1997年にヨーヨーを始め、1998年の第3回ジャパンチャンピオンシップ・チームプレイ部門で全国優勝を果たす。個人では3Aをメインスタイルとし、2001年世界大会でツーハンドトラピーズを世界で初めてステージ上で成功させ3位入賞。2003年世界大会では準優勝に輝いてる。2016年からはリワインド渋谷店スタッフとして店頭に立っている。

荒牧淳(アル)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました