《2022/07/19》RW2A~5Aトリック大幅更新

サイド・スロー – Side Throw

全トリック基本トリック
スタイル固有タグ:

ブレイクアウェイから正面でスリープさせるトリックです。スリーパーの横投げ版であり、ヨーヨーが動画のように体の正面で横にスリープしている状態そのものを指すこともあります。

サイド・アラウンド・スリーパーは、ここからサイド・アラウンドをしてヨーヨーを正面でぐるっと1周してからスリープをします。サイド・スローよりも力強く投げなければいけないため、難度は高めです。

前提トリック

成功基準

  • 5秒以上スリープしてキャッチ
  • できれば正面で静止すること(左右にふらふら揺れないこと)

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

まっすぐ投げられないときは

基本的には体の向きを変えたスリーパーであり、コツも同じです。

鉄則として強く投げるより、ていねいにまっすぐ投げること。大抵の場合はしっかり投げようと意識しすぎて、腕が斜めに流れてしまっています。何度やっても改善しない場合は、腕の向きや手の形が斜めになってしまっていないか、自分でじっくり見るようにすると良いでしょう。ご家族や友だちに見てもらうのも有効です。

また、右に傾いていたら左に傾けるよう投げる、といった調整も同様に行ってください。毎回どの方向にヨーヨーが傾いてしまっているかを欠かさず目で見るようにしましょう。

その場で静止するのが難しい場合、ブレイクアウェイでヨーヨーが常にまっすぐになるよう投げる練習をしましょう。ブレイクアウェイもサイド・スローも根本は同じなので、どちらかが上達すれば、もう片方も大抵の場合は自然と上達しています。

よりキレイに投げるには

サイド・スローは、プロっぽく投げることで見た目に大きく差が出るトリックです。

ポイントは視線ヨーヨーの着地点です。特にこのあと派生していくトラピーズなどで活きてきますので、サイド・スロー自体が完璧にまっすぐ投げられるようになったらトライしてみてください。

代表的な派生

難度的に、実際に挑戦するのはもう少し先の話になりますが、ストリングトリックにはラセレーションというジャンルのトリックがあり、このサイド・スローの形からスタートすることになります。

豆知識

アメリカヨーヨー協会(AYYA)では、サイド・スローといえばサイド・アラウンド・スリーパーの方を指します。

初心者向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人

2009年ヨーヨー世界チャンピオン。
スタッフの中で最年少ながらも物怖じしない性格と、持ち前のガッツでがんばるリワインドのフロントマン。よく寝てよく食べる。2008・2009年ニューヨーク国際オープン1A部門優勝。2009年世界大会1A部門優勝。現在C3yoyodesignに所属し、シグネチャーモデル『クラウン』『クラウン.st』『クラウンTi』『ルーク』発売中。

城戸慎也(キドシンヤ)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました