《2022/06/13》RW4Aトリックなど更新

タングラー – Tangler

全トリック2A(ルーピングトリック)
スタイル固有タグ:

左右のストリングを交差させながら回すトリック。

まずツーハンド・アラウンド・ザ・ワールドを行います。ヨーヨーが真上に行ったタイミングで利き手のヨーヨーを反対側(利き手でない側)へと振って、反対のヨーヨーの外側からストリングをかけます。左右のストリングがからむような状態にしながら両手の間隔を広げると、中央でストリングが交差し、タングラーの状態となります。そのまま何回か回します。
ほどく時は、利き手でない方のヨーヨーが真上に行ったタイミングで、利き手側に両方のヨーヨーを振ります。するとほどけるので、前方に行ったヨーヨーを巻き戻してキャッチ。

成功基準

  • 1周以上
  • その後5周以上連続に挑戦
  • トリックリストや検定によって回数が変動

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

ヨーヨーを止めて練習しよう

最初はヨーヨーの回転を止めた状態で練習しましょう。ストリングのかけ方・はずし方、タイミングなど、一連の流れを掴みましょう。また、ストリングを手に巻いて少し短くした状態で練習するのも有効です。

ほどけるタイミングを覚える

タングラーの回す状態まではできたけど、ほどき方が分らないということがあると思います。ほどけるタイミングは、利き手でない方のヨーヨーが真上に行った時。2個のヨーヨーが常に同じ軌道で回っているので、二分の一の確率を見極めなければなりません。慣れてくると感覚でほどけるタイミングが分ってきますが、最初のうちは分かりにくいので、左右のヨーヨーとストリングの色を変えてみるのも有効です。

派生

タングラーは2Aの中のサブジャンルと言っても良いほど基本となるトリックなので、派生技はたくさんあります。下記は一例ですが、トリックの導入や最後にタングラーを入れたり、コンボの繋ぎとしても使われることがあります。

2A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人
荒牧淳(アル)

1997年にヨーヨーを始め、1998年の第3回ジャパンチャンピオンシップ・チームプレイ部門で全国優勝を果たす。個人では3Aをメインスタイルとし、2001年世界大会でツーハンドトラピーズを世界で初めてステージ上で成功させ3位入賞。2003年世界大会では準優勝に輝いてる。2016年からはリワインド渋谷店スタッフとして店頭に立っている。

荒牧淳(アル)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました