《2023/02/02》RWリストのレベル0に説明を追記 ほか

ラセレーション・バインド – Laceration Bind

全トリック1A(ストリングトリック)
スタイル固有タグ:

スリーパーをして、ラセレーションで飛ばしたストリングを直接ヨーヨーにかけてバインドにします。この名前自体、ラセレーションからバインドになるトリックの総称です。ここではもっともシンプルな形を採用しています。

ストリングがかかったら、利き手を軽く上に引きましょう。しっかりとパッドにストリングが食いついてバインドになります。ここで引くのを忘れると、中途半端にストリングが巻き込まれる形になり、中で噛んだり、逆に戻ってこなくなってしまう原因となります。

サイド・スローからでは通常、バインドにならないので注意してください。戻ってこなくはありませんが、戻しにくいだけでなく、中でストリングが噛む原因にもなります。

成功基準

  • 手元まで巻き戻す
  • バインド後に絡まっていないこと(一度のスローでスリープができること)

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

  • ラセレーション

派生

サイド・スローからは、逆回転のラセレーションから直接かければバインドにできますが(リバース・ラセレーション・バインド)、少し窮屈でかけにくく感じるかと思います。

そこで、逆回転版の応用としてリスト・オーバー・スルー・ラセレーション・バインドをおすすめします。こちらは一見かけ方が複雑に見えますが、振り回す力は小さくて済むため、慣れればよりラクなバインドとして活用可能。これで通常のラセレーション・バインドと共に、片手でどちらの回転方向でも対応できます。

1A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人

2009年ヨーヨー世界チャンピオン。
スタッフの中で最年少ながらも物怖じしない性格と、持ち前のガッツでがんばるリワインドのフロントマン。よく寝てよく食べる。2008・2009年ニューヨーク国際オープン1A部門優勝。2009年世界大会1A部門優勝。現在C3yoyodesignに所属し、シグネチャーモデル『クラウン』『クラウン.st』『クラウンTi』『ルーク』発売中。

城戸慎也(キドシンヤ)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました