《2022/07/19》RW2A~5Aトリック大幅更新

リスト・マウント – Wrist Mount

全トリック1A(ストリングトリック)
スタイル固有タグ:

ダブル・オア・ナッシングとほぼ同じ手順から、一気に複雑な形を作ってマウントします。しかし乗せ方よりも、ほどき方に苦戦する人が多いかもしれません。

まずブレイクアウェイから、利き手でない方の人差し指にストリングをかけ、次に利き手の手首にストリングをかけます。これがリスト・マウントと呼ばれる所以です。

続けてもう一度、利き手でない方の人差し指にストリングをかけると、上から見たときに大きな三角形ができています(通称:ポケット)。その間を通すようにヨーヨーを落として、利き手のひらの下から伸びているストリングにマウントします。

あとは人差し指をいったん離して、利き手に垂れ下がっている三角形に手前から人差し指を入れて、ヨーヨーを人差し指の上のストリングに乗せ替えて両手の高さを揃えれば、リスト・マウントの完成です。

ここからほどくパートに移りますが、手の傾け方を間違えるとほどけなくなってしまうので、特に利き手に注意して解説動画をご覧ください。

利き手を内側にひねり、利き手の指がすべて自分を指すように傾けます。そして利き手でない方の人差し指を中心の2本のストリングのスライドすると、その2本が奥と手前に分かれているはずです。

その手前のストリングに、ヨーヨーを内側へ回してマウントします。

最後に、利き手のストリングすべてと、人差し指のストリングを1本だけ外せばトラピーズになるので、キャッチすれば成功です。

成功基準

  • 確実にマウントする

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

元はダブル・オア・ナッシング

今一度意識してほしいのが、マウントするまではダブル・オア・ナッシングと同じ原理であること。つまり、ダブル・オア・ナッシングが完璧でないと、リスト・マウントを完璧にするのは難しいです。

しかし裏を返せば、ダブル・オア・ナッシングが完璧なら、リスト・マウントも比較的容易だということ。完成形が複雑に見えるのに対し、実際の工程は単純です。どうしてもリスト・マウントが苦手なら、まずダブル・オア・ナッシングの完成度を上げるという選択も良いでしょう。

ほどくパートで苦戦している場合は、2本のストリングを分けて手前のストリングにマウントする前に、スリープが減りすぎて傾いていることが多いです。ストリングを分けている間は一気にスリープが減るので、この間はできるかぎりスピーディにこなしましょう。

ヨーヨーが傾いていなければ、ほどくまですんなり移行しやすくなるはずです。

派生

ストリングトリックは、あえてストリングを複雑に絡めて、それをほどいたり、再び絡めたりする工程を経てコンボとするのが定番のひとつです。リスト・マウントは、そうしたコンボ作りの導入やパーツに使われることが多いです。

このリスト・マウント自体の導入やほどき方をアレンジする派生も存在します。

ここでは、そんな派生たちの一部を紹介します。

  • スピリット・ボム
  • スーパーマン
  • リジェクション・グリーン・トライアングル
  • チーズ・ウィップ ★
  • リスト・マウント&ジャンプ・ロープ ★
  • リバー・フロー・リスト・マウント ★

★がついているものは、こちらの動画でもカンタンに解説しています。

豆知識

開発したとされているのはポール・エスカラー氏。詳しくは当人の記事を参照。

1A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人

2009年ヨーヨー世界チャンピオン。
スタッフの中で最年少ながらも物怖じしない性格と、持ち前のガッツでがんばるリワインドのフロントマン。よく寝てよく食べる。2008・2009年ニューヨーク国際オープン1A部門優勝。2009年世界大会1A部門優勝。現在C3yoyodesignに所属し、シグネチャーモデル『クラウン』『クラウン.st』『クラウンTi』『ルーク』発売中。

城戸慎也(キドシンヤ)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました