《2022/11/10》RW1A~5A一部動画更新ほか

トラピーズ・バックフリップ(ムーンサルト・バックフリップ)- Trapeze Backflip

全トリック1A(ストリングトリック)
スタイル固有タグ:

旧動画のため差し替え予定

ヨーヨーを前後に1回ずつ回す、ブレインツイスターの応用です。

手前に1回、奥に1回ずつ回し、奥へ回した際にそのままディスマウントする(ヨーヨーを離す)のがポイント。引き戻しのヨーヨーであれば、回して離したらそのまま上へヨーヨーを跳ね上げ、落下してきたヨーヨーをキャッチします。

オリジナルの回し方は、最初に利き手の人差し指で押して回す、次は反対の人差し指の上にストリングをかけて回す、となります。

バインドセッティングの場合、最後は下まで回してからバインドへ移ります。

成功基準

  • 手前と奥に1回ずつサマーソルト

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

  • トラピーズ
  • サマーソルト
  • ブレインツイスター

豆知識

1997年ハイパーヨーヨー展開時『ムーンサルト・バックフリップ』という名前でハイパーレベル6に収録されていました。当時のトリックリストは4つに区分され、その上から2つ目のリストに入っていたということで、難しめのトリックとして収録されたということになります。

今のヨーヨーはスベりがよく、ヨーヨーをストリングの上で回しても(サマーソルトをしても)スリープが落ちにくいため、ブレインツイスターが完璧だという方は、ほぼ困らずにすんなりとできたのではないでしょうか。

当時はスベりという概念がほぼ無く、かなりていねいに、意図的にスベらせないように回してスリープを保つ必要があったため、今と比べると難度が高かったのです。

このように、トリックの難度はノウハウの蓄積や環境の変化によって大きく変動することがあり、これを時代難度と呼んだり呼ばなかったりします。覚えなくても問題なし。

ちなみに、元になったトリックは海外に存在しないためか、検索エンジンでは『Trapeze Backflip』でも『Moonsault Backflip』でも英語圏の資料はほぼヒットしません。中国圏の情報は少しヒットしますが、いずれも1997年ハイパーヨーヨーよりかなり後の情報ですので、ハイパーレベル制定時に作られたトリックである可能性が高いと見られます。

1A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人

2009年ヨーヨー世界チャンピオン。
スタッフの中で最年少ながらも物怖じしない性格と、持ち前のガッツでがんばるリワインドのフロントマン。よく寝てよく食べる。2008・2009年ニューヨーク国際オープン1A部門優勝。2009年世界大会1A部門優勝。現在C3yoyodesignに所属し、シグネチャーモデル『クラウン』『クラウン.st』『クラウンTi』『ルーク』発売中。

城戸慎也(キドシンヤ)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました