《2022/07/19》RW2A~5Aトリック大幅更新

トス(トス&キャッチ)《2種》- Toss [Two Variations]

全トリック4A(オフストリングトリック)
スタイル固有タグ:

セパレート版。ストリングの端が分かれている状態で跳ね上げる。
リング版。ストリングの端が利き手側に集まるリング形状から跳ね上げる。

オフストリングのトリック難度順で見た時、OSバレル・ロールの次に、最初のマウント以外でもストリングからヨーヨーを離すことになるトリックです。ここからオフストリングらしいトリックが増えていきます。

跳ね上げる前の形は2種類あり、トリックリストや検定によって基準は違いますが、とにかくはっきりとストリングから離すこと、同じストリングに着地させることを大事にしましょう。リング形状から跳ね上げる場合、他のストリングや2本ともにマウントしてしまわないよう注意。

ヨーヨーをまっすぐ上に跳ねさせるためには、両手も一緒に上へ持ち上げるのではなく、あくまで手の間隔を広げるようにするのが重要。利き手を手前に、反対の手を奥に引けば、自然とヨーヨーが飛び上がります。その後、再度マウントする直前までストリングは張ったままにしておき、着地する瞬間に間隔を元に戻しましょう。

斜めに跳ねてしまう場合、それを追ってマウントできるリカバリーができることも大事ですが、そもそもの跳ね上げの段階でまっすぐ跳ね上げられるよう意識しましょう。そのためには、どの方向にズレてしまったのか、なぜズレてしまったのかを毎回考えながら跳ね上げること。

2回以上ストリングから離れて再度マウントできれば成功。慣れてきたら、自分の頭を越すハイ・トスにも挑戦してみてください。

成功基準

  • 2回以上、確実にストリングから離し、同じストリングに着地する

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

派生

4A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人

2009年ヨーヨー世界チャンピオン。
スタッフの中で最年少ながらも物怖じしない性格と、持ち前のガッツでがんばるリワインドのフロントマン。よく寝てよく食べる。2008・2009年ニューヨーク国際オープン1A部門優勝。2009年世界大会1A部門優勝。現在C3yoyodesignに所属し、シグネチャーモデル『クラウン』『クラウン.st』『クラウンTi』『ルーク』発売中。

城戸慎也(キドシンヤ)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました