《2022/06/13》RW4Aトリックなど更新

チョップスティック・ラビット – Chopstick Rabbit

全トリック1A(ストリングトリック)
スタイル固有タグ:

指と指の間を通す『チョップスティック系』と呼ばれるジャンルの基礎の1つです。完成系がラビットと呼ばれる、ヨーヨーからトラピーズ状の輪が2つ伸びている形になります。

このトリックは人差し指と親指、もしくは中指と親指のどちらかで行います。お好みで構いませんが、一般的には間隔を広げやすい中指と親指がおすすめです。

これを踏まえた上で、人差し指か中指でトラピーズをして、親指を輪に上から軽く当てます。その両指の間のストリング全てに、親指を軸にしながらヨーヨーを回してマウントします。

うまく乗らない場合や、手や指にヨーヨーが当たってしまう場合、親指の近くで、小さくヨーヨーを回すようにしましょう。通常のトラピーズと同じで、乗せたいストリングの真ん中を狙うよりも、指のそばでマウントする方が乗せやすくなります。ここで多少親指に当たりながらでも、まずマウントできれば問題なし。

ほどき方は自由。もっとも手軽なのは、デモンストレーションのように親指を離してリバース・トラピーズからバインドにつなげるパターンです。

成功基準

  • 確実に全てのストリングにマウントする
  • チョップスティックのマウントの動作中、手・指には接触しても良い

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

  • トラピーズ

派生

利き手側で行う、もっともシンプルなチョップスティックにもトライしてみましょう。指のストリングのかけ方次第で、さまざまなバリエーションが生まれます。

トラピーズからではなく、スター・テイルから直接ラビットにするアンダー・チョップスティック・ラビットもあります。こちらも中指と親指で行うのがおすすめ。

また、そもそも他のチョップスティック系トリックの多くが、このチョップスティック・ラビットと共通点を持っているともいえます。以下にその一部を記載します。

  • チョップスティック・ダブル・オア・ナッシング
  • チョップスティック・イーライ・ホップ
  • チョップスティック・レール

1A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人

2009年ヨーヨー世界チャンピオン。
スタッフの中で最年少ながらも物怖じしない性格と、持ち前のガッツでがんばるリワインドのフロントマン。よく寝てよく食べる。2008・2009年ニューヨーク国際オープン1A部門優勝。2009年世界大会1A部門優勝。現在C3yoyodesignに所属し、シグネチャーモデル『クラウン』『クラウン.st』『クラウンTi』『ルーク』発売中。

城戸慎也(キドシンヤ)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました