《2024/05/12》リンク切れページ修正中

ホップ・フック・ラップ – Hop Hook Wrap

全トリック2A(ルーピングトリック)
スタイル固有タグ:

ラップをしているストリングを指にかけるトリックです。

まず利き手だけで形を覚えます。ヨーヨーの回転を止めてストリングが伸びきった状態で、クロス・ラップをします。クロス・ラップの形から、小指の外で1周して、前へ離してクロス・ラップに戻します。

ヨーヨーが下から昇ってくるタイミングで、小指でフックして(引っかけて)、遠心力を保ったまま離すようにしましょう。このように小指でフックして掛けるのがフック・ラップです。

フックのやり方としては、中指、薬指、小指の3本を使ってストリングを掛けます。この時、人差し指を掛けても良いですが、今後シュート・ラップやイン・アウト・フック・ラップを覚える際は指3本のほうがやりやすいため、出来ればフック・ラップも指3本で掛けるようにしておくのがオススメです。

利き手側の形を覚えたら、利き手ではない方の手でホップを加え、次のステップへ行きます。

ホップ・アーム・ラップからストリングを取りに行くタイミングについてですが、まずヨーヨーの動きと手が同じようにします。手がヨーヨーについていくように漕いでいくのがポイント。そして、利き手でヨーヨーについていきつつ、昇ってくる時にストリングを掛ける(フックする)ようにします。このタイミングで行うことで、ホップを越えながらフック・ラップに移ることができます。

最初のうちはとにかくストリングを指3本で掛けることに注力しましょう。

掛けて戻す(離す)ところは、掛けてから1回転外側をヨーヨーが通るように、小指側で回します。回したら利き手の内側に持って行って、3本の指でストリングを押し上げます。外側で1周回すという意識をせずとも、掛かったら勢いで必然的に1周回るので、流れのまま押し上げて、自然に離すようにしましょう。

ここまでできたら、ホップ・フック・ラップを1回やってほどく、という動作をしてみましょう。

連続でやろうとするとタイミングがずれていくことがあります。特に2回目以降は、からまったりして続かないことがあるので、1回目のフック・ラップを押し上げた後に、利き手は再度腕を越えないと続きません。2回目以降はしっかりと腕を越える意識を持ってやってみてください。

成功基準

  • 3回以上

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

ホップをおろそかにしない

利き手に集中していると、利き手でないほうのホップがおろそかになりがちです。ホップの意識が薄れてスリープしてしまったり、どんどんホップが膨らんでしまったりするので、しっかりとホップのほうにも意識を向けて、どちらか片方に意識を偏らせないことが重要です。

派生

このトリックの派生は無数にあります。フック・ラップ系を1つの動画にまとめたものがありますので、そちらを参考にしてみてください。

2A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人
荒牧淳(アル)

1997年にヨーヨーを始め、1998年の第3回ジャパンチャンピオンシップ・チームプレイ部門で全国優勝を果たす。個人では3Aをメインスタイルとし、2001年世界大会でツーハンドトラピーズを世界で初めてステージ上で成功させ3位入賞。2003年世界大会では準優勝に輝いてる。2016年からはリワインド渋谷店スタッフとして店頭に立っている。

荒牧淳(アル)をフォローする
タイトルとURLをコピーしました