《2024/05/12》リンク切れページ修正中

インサイド・リスト・スライド・ホップ – Inside Wrist Slide Hop

全トリック2A(ルーピングトリック)
スタイル固有タグ:

ツーハンド・ホップ・ザ・フェンス(ミルク・ザ・カウ)をしながら、腕を交差→交差を戻す→交差を繰り返すトリックです。手の上下の位置は変わりません。

ミルク・ザ・カウの安定度合いが試されます。まず正確にキレイな軌道を描けるよう前提トリックを習得してから挑戦しましょう。腕を交差したり戻したりを連続で行うぶん、一度交差するだけでキープするリスト・クロス・ホップのほうが先に習得しやすいです。

前提トリックが安定するようになったら、ミルク・ザ・カウの状態から利き手が上になるように腕を交差、1回ホップしたら交差をほどいてミルク・ザ・カウの状態に戻し、1回ホップしたら再び腕を交差…という動きを繰り返します。まずは3往復以上を目標にしましょう。

ヨーヨーが腕に当たったり、ヨーヨー同士がぶつからないように注意しましょう。

成功基準

  • 3往復以上

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

イメージを掴むところから

最初は少し怖いと思うので、片手のみホップしながら反対の手はホップしているふりだけして、腕を交差するイメージを掴んでください。次に、両手でホップしながら1度だけ腕を交差してキャッチしてみましょう。慣れてきたら交差→タイミングを見ながら交差を戻すという練習、さらに慣れてきたら連続でできるように段階的に練習していきましょう。

派生

2A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人
荒牧淳(アル)

1997年にヨーヨーを始め、1998年の第3回ジャパンチャンピオンシップ・チームプレイ部門で全国優勝を果たす。個人では3Aをメインスタイルとし、2001年世界大会でツーハンドトラピーズを世界で初めてステージ上で成功させ3位入賞。2003年世界大会では準優勝に輝いてる。2016年からはリワインド渋谷店スタッフとして店頭に立っている。

荒牧淳(アル)をフォローする
タイトルとURLをコピーしました