《2022/11/10》RW1A~5A一部動画更新ほか

ホリゾンタル・ターン・バインド – Horizontal Turn Bind

全トリック1A(ストリングトリック)
スタイル固有タグ:

ヨーヨーを水平軌道で操る『ホリゾンタル』の状態で、比較的安定しやすいバインドです。まだホリゾンタルそのものに慣れていなかったり、ホリゾンタルで新しいトリックを練習している最中など、とにかく水平軌道から手早く戻したい時に重宝します。

基本的な流れは通常のターン・バインドと同じですが、遠心力を常に利かせるのがポイント。回転方向を切り返す際にゆっくり過ぎると、ストリングからヨーヨーが落ちます。

あまりに早過ぎる切り返しも禁物ですが、ゆっくりよりは早い方が成功率は上がります。通常のターン・バインドを無意識でもできるくらいに完成度を高めましょう。あとはストリングを多少短くすること、しっかりストリングをつまむことを忘れないのがコツ。

まず常にヨーヨーを45度以上傾けるのを第一の成功目標にして、最終的にはできるかぎり本物の水平軌道になるよう意識しましょう。

成功基準

  • 常にヨーヨーが地面に対し45度以上傾いている

トリックを習得できたかどうかを判断する目安です。トリックリストや競技会によっては、成功条件が異なる場合がありますので、検定を受ける際などはルールを事前に必ず確認しましょう。

前提トリック

  • ターン・バインド

水平を保つには「手の高さ」を意識する

水平軌道に飛んでくるヨーヨーに怯むと、かえって手元が狂ってヨーヨーがストリングから外れて、怖い思いをすることになります。ヨーヨーは顔の高さを目安にスローして、最初から最後までその高さでコントロールすると、ホリゾンタルとしても確たるものになりますし、ストリングもヨーヨーも視界に収められるため安定します。

こちらのSHU TAKADA選手による、コツのまとめ動画もご覧ください。

こちらの動画では、通常のリバース・トラピーズからのバインドを行っています。やりやすい方でトライしてみてください。

1A向けおすすめヨーヨーなど

◆この記事を書いた人

2009年ヨーヨー世界チャンピオン。
スタッフの中で最年少ながらも物怖じしない性格と、持ち前のガッツでがんばるリワインドのフロントマン。よく寝てよく食べる。2008・2009年ニューヨーク国際オープン1A部門優勝。2009年世界大会1A部門優勝。現在C3yoyodesignに所属し、シグネチャーモデル『クラウン』『クラウン.st』『クラウンTi』『ルーク』発売中。

城戸慎也(キドシンヤ)をフォローする
ヨーヨートリックデータベース ver0.8 | Yo-Yo Trick Database
タイトルとURLをコピーしました